2022/12/23

環境に配慮している水なし印刷とは?

デザイン

近年、企業による環境問題への取り組みが増えている中、印刷業界では「水なし印刷」に注目が集まっています。水なし印刷とは、水を使用しない印刷方法です。水なし印刷に切り替えることで、国連で定められた持続的可能な開発目標であるSDGsに貢献するといわれています。本記事では水なし印刷とは何か、なぜ水なし印刷が環境によいのかを詳しく解説いたします。

 

印刷のどこに水が使用されているのか

水あり印刷の仕組みについて説明いたします。

一般的な印刷である「水あり印刷」の仕組み

一般的な印刷方法は、「水あり印刷」と呼ばれていて、印刷に「湿し水」という水を使用します。水あり印刷では4色のインクを重ね合わせて、1つの絵柄を完成させます。印刷データを4つに分けて平らな「版」を作成し、平らな版の色が付く部分と付かない部分を分けるために湿し水が使われます。しかし、この湿し水は有害な薬品が含まれているため、環境によくありません。水あり印刷が環境に悪いため、環境に良い印刷方法として「水なし印刷」が注目されるようになりました。

 

「水なし印刷」とは?

水なし印刷は簡単にいうと、湿し水を使わない印刷方法です。環境に配慮して編み出された印刷方法で、水なし印刷を取り入れている企業が増えています。

 

「水なし印刷」と「水あり印刷」の違い

水なし印刷と水あり印刷の違いは湿し水を使わないことだけではありません。利用する版と現像方法に違いがあります。

利用する版からみる違い

水あり印刷で使われている版は、インクを付けない部分に湿し水を使用してインクを付ける部分と付けない部分を分けています。インクの油と湿し水の水が反応して弾くことで、インクが付くところと付かないところが分かれます。

水なし印刷の版は、インクを付けない部分がシリコンゴムになっています。シリコンゴムが水と同じ働きをします。

水あり印刷では、湿し水を大量に使って印刷をしますが、湿し水には人に有害なIPAというアルコールが含まれています。IPAは土壌汚染や水質汚染を引き起こす原因となる物質のため、使わないほうが環境によいといわれています。

現像方法からみる違い

水なし印刷と水あり印刷は使用する版だけでなく、現像方法も異なります。水あり印刷は、現像液を使用します。現像液を使用すると、PH12以上の強いアルカリが検出されるため、そのまま現像液を捨てることはできません。またPH12以上のアルカリ水は、素手で触ると化学やけどを起こす可能性があるため、大変危険です。使用後の現像液は正しい処理を行うことが義務づけられているため、「特別管理産業廃棄物」として回収してもらう必要があります。

一方水なし印刷は現像に水道水を使用するため、有害な廃液が発生しません。使用後の水道水は下水として流すことができます。このように水なし印刷は、現像方法からみても環境に配慮した印刷方法だといえます。

「水なし印刷」にするメリット

水なし印刷のメリットは、環境によいことだけではありません。他のも「印刷のクオリティーが水あり印刷より高い」、「紙伸びが起こらない」、「環境問題に取り組んでいるアピールができる」ことがあげられます。

印刷のクオリティーが「水あり印刷」より高い

水あり印刷では湿し水を利用するため、にじみが原因のドットゲインが起こる可能性があります。ドットゲインとは、実際に印刷するとデータよりも色が濃く見えることを指します。水なし印刷では湿し水を使用しないためにじむことがなく、ドッドゲインが解消されます。印刷の色が安定して水のせいでインクが乳化することもほとんどないため、水あり印刷よりもクオリティーが高く仕上がります。

また水あり印刷は印刷の品質を保つのが難しいのが特徴です。湿し水の量や汚れ、温度などが印刷に影響するため、きれいに印刷するには湿し水の管理経験が必要です。これらの理由から、水なし印刷のほうが印刷のクオリティーは高くなります。

水を使用しないため紙が伸びることはない

水ある印刷では水を使用するため、紙が伸びてしまうことがあります。水なし印刷では水を使用しないため、紙自体が伸びることはありません。紙が伸びてしまうと印刷をするときに版の位置がずれる見当ズレが発生します。紙伸びしないため、水なし印刷のほうが印刷は美しく仕上がります。

環境問題に取り組んでいるアピールができる

商品を購入する際に環境問題に配慮している企業なのかを重視する消費者も増えています。水なし印刷を取り入れたら、環境問題に取り組んでいるアピールが可能です。

まとめ

環境に配慮している水なし印刷についてご紹介しました。弊社は、デザイナーを抱えたパッケージデザインを得意とした資材・包材商社です。環境に配慮したパッケージ印刷に力を入れているため、ぜひパッケージデザイン・制作をお考えの方は株式会社エヌエーシーへお任せください。

CONTACTお問い合わせ

デザインか包装資材か
貴社の状況に合わせて選べます。