2022/12/23

「水なし印刷」のメリット、デメリットは?

デザイン

環境に配慮した印刷方法のひとつとして「水なし印刷」が注目を集めています。水なし印刷は、水を使わない印刷方法です。水なし印刷を取り入れることで、世界的に持続的な開発目標として取り組まれているSDGsの8つの項目の目標が達成できるといわれています。この記事では、水なし印刷のメリット、デメリットについて解説いたします。
 

 

「水なし印刷」とは?

水なし印刷は、水を使わない印刷方法です。通常、印刷をするときは「湿し水」という水を利用します。インクは油でできているため、水と油が反発して印刷する場所としない場所を分ける仕組みです。しかし、湿し水には有害な物質が含まれていて、環境に悪影響を及ぼすことが懸念されています。そこで注目されているのが、湿し水を使わない水なし印刷です。現在、多くの企業で水なし印刷が取り入れられています。

「水なし印刷」のメリット

水なし印刷の主なメリットは以下の4つです。
 

環境によい

水なし印刷の最大のメリットは環境によいことです。水あり印刷で使用する湿し水には、水質汚濁防止法で定められている基準を大きく上回る「IPA」というアルコールが含まれています。IPAは土壌汚染や水質汚濁の原因となるため、水あり印刷は環境によくないといわれています。

また水あり印刷で現像時に使用する現像液も強いアルカリ性の液体であるため、素手で触るとケガする可能性があり非常に危険です。下水に流すことができないため、産業廃棄物として回収してもらう必要があります。一方、水なし印刷は現像するときに水道水を使用するため、使用後は下水に流せます。

企業の取り組みとして水なし印刷を取り入れると、有害物質を放出していないことの証明になるほか、環境問題に配慮していることをアピールできます。
 

印刷の仕上がりが「水あり印刷」よりきれい

水なし印刷は、一般的な印刷方法である水あり印刷よりもきれいに仕上がります。にじみからの変色やインクの乳化がないため、水なし印刷のほうが印刷のクオリティーが高く、美しく仕上がりやすい特徴があります。また水なし印刷は、凹凸がある紙でも平らな紙と変わらないくらいきれいに印刷ができます。
 

紙伸びが起こらない

水を使用して印刷をすると、紙自体が伸びる「紙伸び」が起こります。水なし印刷では、水を使用しないため、紙伸びが発生しません。
 

コスト削減になる

多くの印刷会社で水なし印刷の価格は水あり印刷の同じくらいの価格で提供されています。

また水あり印刷の湿し水は印刷が不安定になる原因となり得ます。水あり印刷を美しく仕上げるには、湿し水を正確に扱う必要があり、経験を要します。水なし印刷は湿し水が必要ないため、インクの管理が簡単です。品質管理が容易になり時間を要さないため、コスト削減だけでなく、生産性アップにもつながります。
 

「水なし印刷」のデメリット

水なし印刷の主なデメリットは以下の3つです。
 

紙が引っ張られるピッキングが起こる

水なし印刷で使用するインクは、水あり印刷のものよりも、少し硬いために紙が引っ張られてピッキングという現象が起こりやすくなります。印刷する紙が丈夫なものでなければ、引っ張られて印刷不良を起こす可能性があります。
 

印刷が均一にならないゴーストが発生する

凹凸のある紙で均一に色を塗りたいとき、印刷する絵によってはインクが足りない状況になり、印刷面が狭い線は濃く、広い線は薄くなることがあります。これはゴースト現象と呼ばれています。水なし印刷ではこのゴーストが起こりやすいのが特徴です。

水あり印刷の場合はゴースト対策ができますが、水なし印刷ではインクの量を調節するくらいしか対策方法がありません。水あり印刷に比べると対策手段が少ないため、凹凸のある紙への印刷は苦手としています。
 

静電気が起こりやすくなる

水なし印刷では、水を使用していないがゆえ、印刷時にシリコンがこすれると静電気が起こりやすくなります。静電気が起こると、紙揃えが悪くなりインクが乾かず上に重なる紙につく裏付きが起こる可能性があります。印刷前に色や絵柄を調整することで、静電気を抑えることができます。
 

まとめ

水なし印刷のメリットとデメリットについてご紹介しました。水なし印刷は、環境に配慮した印刷方法のひとつです。環境問題ヘの注目が年々上がっている中、環境に配慮した方法を選ぶのは企業の方針として必須事項になりつつあります。水なし印刷にはデメリットもありますが、環境によいという大きなメリットがあるため、まだ導入していない企業はぜひこの機会に取り入れてみてはいかがでしょうか。

弊社は、SDGsにも積極的に取り組んでいるパッケージデザイン・制作会社です。今回ご紹介した水なし印刷も取り入れております。環境に配慮したパッケージデザイン・制作をお考えなら、ぜひ株式会社エヌエーシーへぜひお任せください。

CONTACTお問い合わせ

デザインか包装資材か
貴社の状況に合わせて選べます。