環境を“変える”
水なし印刷

水なし印刷に変えるだけで、こんなに変わるの知っていますか?
SDGsに貢献する会社を目指すなら、
まず印刷物から始めよう。

水なし印刷はご存知ですか?
水なし印刷とは
水なし印刷とは、昨今の地球規模での環境に対する活動やCSR(企業の社会的責任)などにおいて、印刷時に有害な廃液を排出しない 「水なし平版方式」 という技術を使い、印刷物を通じて地域社会の環境保全に貢献できます。
また通常のオフセット印刷が印刷機上にて多くの 「湿し水」を使用するのに対して、水なし印刷は 「湿し水」 を一切使用しないその技術的な特長から高精度な印刷再現性に優れ、高精細な美しい仕上がりの印刷品質を可能にします。

バタフライマーク

バタフライロゴ
環境保護印刷の代名詞とも言える「水なし印刷方式」で印刷された印刷物に は、一般社団法人日本WPAが認定するバタフライロゴマークが付与されます。
このマークを皆さまの印刷物に掲載す ることにより、企業・組織団体の環境的付加価値を高め、地域社会の環境保全へ貢献することができます。

水なし印刷

 

資料請求
お電話でのお問い合わせ
icon-phone.png055-972-3366
受付時間:平日9:00〜18:00

ホームページからのお問い合わせ
1営業日以内に担当者よりご返信いたします

 


いま、 水なし印刷が注目される理由
環境配慮のアピールが可能
水環境配慮の観点からの水なし印刷のメリットは、湿し水を使わないことや、現像工程の薬品処理・水洗いによって発生する廃液を大幅に削減できることだけではありません。温室効果ガスの削減効果はもちろんのこと、水質汚濁防止法などの遵守はもちろん、化学物質管理促進法、グリーン購入法、ISO14000シリーズの対策にも効果的です。
美しい仕上がりの印刷品質が可能
水なし印刷は湿し水を使用しないため、にじみに起因した「ドットゲイン変調」による色の変化を解消でき、印刷物の色が安定します。
また、水なし印刷は凹凸のある用紙に強く、平滑な用紙と同じように印刷することが可能です。用紙の種類によっては水を含むことで用紙そのものが伸びることもありますが、水なし印刷なら見当ズレの原因となる紙伸びが発生する心配がありません。さらに水によるインキの乳化が少ないこともあり、高精細でくっきりとした美しい仕上がりが可能です。
コスト削減や生産性の向上につながることも
水なし印刷は、環境対応印刷ということで従来の水なし印刷と比べてコストが高いと思われがちですが、NACではほぼ同等の価格でご提供が可能です。
NACではコストボリュームによるインキコストの調整や刷版のコスト調整、また経験による品質管理の向上により準備時間の短縮や、スピーディな立ち上がりを実現し生産性の向上に努めることで損紙(試し刷りの用紙)も少なくできるため、コスト削減につながります。
水なし印刷に変えるだけで、
これだけのSDGsの項目の可能性があります!

SDGsアイコン

資料請求
お電話でのお問い合わせ
icon-phone.png055-972-3366
受付時間:平日9:00〜18:00
ホームページからのお問い合わせ
1営業日以内に担当者よりご返信いたします
 
水なし印刷のCO2削減例
A5 中綴じ 32P/コート 76.5kg/カラー4C/5,000部の場合

事例1

底ワンタッチ箱(135×30×155)/コート 350kg/カラー4C+OPニス/30,000部の場合

事例1

A4 /両面カラー4C/30,000枚の場合

事例1

※1. 人間1人あたりが排出するCO2排出量が1年間で350kg、1日で約0.958kg。
通常のオフセット印刷と水なし印刷との差異(kg)÷約0.958kg=人間1人あたりのCO2排出削減人数とする。
水なし印刷導入事例
jirei-1
jirei-1-2
jirei-3
jirei-4
jirei-5
jirei-6
jirei-1-7-2
jirei-1-8
jirei-9
previous arrow
next arrow
資料請求
お電話でのお問い合わせ
icon-phone.png055-972-3366
受付時間:平日9:00〜18:00
ホームページからのお問い合わせ
1営業日以内に担当者よりご返信いたします
 
+カーボン・オフセットもしませんか?
カーボン・オフセットとは
カーボン・オフセットとは、私たち自身が経済活動や生活から排出されたCO2量を認識しさらに削減努力を行い、それでも削減が困難な排出量は、他の場所で実現したCO2排出削減量(クレジット)を購入することにより、自身の排出量の全部または一部をオフセット(相殺)する活動となります。
この取り組みは、環境省・農林水産省・経済産業省など国が認証する制度となります。

カーボンオフセット

カーボン・オフセット導入例
A5 中綴じ 32P/コート 76.5kg/カラー4C/5,000部の場合

事例2-1

底ワンタッチ箱(135×30×155)/コート 350kg/カラー4C+OPニス/30,000部の場合

事例2-2

カーボン・オフセット導入事例
jirei-2-1

資料請求
お電話でのお問い合わせ
icon-phone.png055-972-3366
受付時間:平日9:00〜18:00
ホームページからのお問い合わせ
1営業日以内に担当者よりご返信いたします
 

環境印刷に取り組むステップ

ステップ

よくあるお客様のご質問

よくあるご質問

資料請求
お電話でのお問い合わせ
icon-phone.png055-972-3366
受付時間:平日9:00〜18:00
ホームページからのお問い合わせ
1営業日以内に担当者よりご返信いたします